キャッシング 上限

キャッシングを利用するときの業者の選び方

> 年収でキャッシング上限が決まる

年収でキャッシング上限が決まる

年収でキャッシング上限が決まります。
上限を決定しているのは融資の規制です。
この規制の事を総量規制と言います。
キャッシングでは、消費者に対して少額のサービスを提供します。
総量規制は、このような少額融資に絶対に適用される規制ですので、
審査をするときには避けては通れないものになっているのです。

総量規制によって年収の3分の1までの借入に制限される

総量規制は、これからお金を借りるものの年収にしたがって規制が設定されます。
つまり、年収によって融資の枠に規制が入るのです。
消費者金融のキャッシング上限はこの範囲内に収まるようにしなくてはいけなくなり
この範囲を逸脱したキャッシング上限を設定することは金融機関でもできません。

規制が必要な理由

こうした規制が必要なのは、お金を貸す金額に規制を適用することで、
契約に信用性を付加するためなのです。
例えば、返済能力が全くない状態でキャッシング上限を無制限にしてしまうと、
お金を借りたものはそのお金を絶対に返せなくなってしまいます。

融資の契約はお互いにお金を貸して返すことを前提とした契約でなくては
いけなくなっていますので、その契約を守れるように
キャッシング上限が設けられているわけです。

この観点から考えると、年収で制限設定すると無理な融資の契約は出来ませんので、
双方に不利が生じることもありません。
上限をつけるからこそキャッシングの審査も軽くなっているという
事実もありますので、こうした規制が融資の契約を縛ることにはならないのです。
安心して契約をするためには必要不可欠なものだと言えます。

総量規制の対象となる借入れ

総量規制は、どこの金融機関からお金を借りても、
年収の3分の1までの借入れに制限されるというわけではありません。

そもそも総量規制とは、貸金業法という貸金業者に対しての規制ですから、
例えば、銀行は貸金業者ではないため総量規制の対象外であり、
年収の3分の1を超える融資を受けることも可能です。
しかし、その分審査が厳しくなっているので、必ずしも借りることができる
というわけでもありません。

総量規制の対象となる借入れ。つまりどの金融機関からの借入れが、
総量規制の対象になるのかといいますと、
消費者金融、そしてクレジットカードのキャッシング枠。

これらの借入額の合計を、年収の3分の1までに制限するという決まりが、
総量規制というわけですね。

COPYRIGHT© 2014 キャッシングを利用するときの業者の選び方 ALL RIGHTS RESERVED.