サラ金 意味

キャッシングを利用するときの業者の選び方

> サラ金という言葉の意味

サラ金という言葉の意味

サラ金というのは金融会社の呼び名の一つでありサラリーマン金融の略語です。
お金を借りることができる金融会社はとても多くありますが、
それぞれの会社はサラ金のように呼び名があります。

また、会社によって同じ融資を受けることができる会社でも
意味が変わってくることがあります。
現在、サラ金というのは消費者金融と呼ばれています。
サラ金でも消費者金融でも意味は同じであり、部類として貸金業者になります。

金融会社について

金融会社というのは消費者金融だけではありません。
クレジットカード会社は信販会社と呼ばれていますし銀行もあります。

金融会社の種類を大きく分けるなら、
このように消費者金融と信販会社と銀行に分けることができます。

意味としては、これらの種類の会社は総量規制が適用されるかどうかが異なります。
総量規制は貸金業者、つまり消費者金融やサラ金、
信販会社に適用されるわけですが、
銀行には適用されません。総量規制が適用されるかどうかによって、
かなりお金の借り方が変わってきます。

総量規制の対象かどうか

消費者金融や信販会社は、総量規制によって融資に対して規制がかかりますが、
銀行にはそれがありません。
この総量規制によって小口融資の場合は所得証明が必要ですが、
総量規制がないところだと小口融資は身分証明で申し込めます。

また、大口融資の場合は総量規制で融資上限がありますが、
銀行の場合にはありません。
このようにサラ金など各社にはそれぞれの呼び名があり、
内容が異なることを知っておくと良いです。

COPYRIGHT© 2014 キャッシングを利用するときの業者の選び方 ALL RIGHTS RESERVED.